妊娠や急な体重の増加でできる妊娠線は出る前に予防しよう

妊婦さん

出産後も綺麗でいたい

妊婦さん

重要なのは保湿

妊娠するとお腹の赤ちゃんは次第に大きくなりますが、そのスピードに付いていけず、皮膚が深いところで断裂してしまった跡が妊娠線です。妊娠線は一度出来ると改善は難しいため、あらかじめ予防しておくことが大切です。妊娠線の予防方法としては、皮膚の弾力性をアップさせて赤ちゃんの成長に皮膚が対応できるようにしておくことです。そのために重要なポイントは、保湿になります。乾燥した肌は突っ張って伸びにくいのですが、しっかりと保湿が出来ている肌は弾力性がアップしますので、赤ちゃんの成長に対応してくれるようになるのです。妊娠線は人によってできるタイミングが違ってきますので、妊娠が分かったころからケアをスタートしておくと安心です。妊娠前から使っているボディクリームなどがあればそれを使っても問題はありませんが、妊娠すると女性の多くは身体が大きく変化します。そのため、妊娠前から使っていたボディクリームの香りが苦手になってしまったり、皮膚に痒みなどが生じてしまう可能性もゼロではありません。敏感になってしまった肌のためには、やはり合成成分が無添加で自然の成分が配合されている商品を使った方が良いといえます。妊娠線予防のための専用のクリームは、肌にトラブルを生じさせる原因となる可能性がある香料や合成成分が無添加となっている商品も多いので、安心して使うことができます。念のために無香料のものを選び、日に数回、こまめに塗り込むよう意識しましょう。