妊娠や急な体重の増加でできる妊娠線は出る前に予防しよう

妊婦さん

妊婦を悩ます問題の一つ

妊婦

急激な体型の変化が原因

子供を出産するというのは女性にとって体に大きな負担をかけることになるため、体に様々な影響が現れます。妊娠線もその一つであり、妊娠出産を経験するのだから仕方無いと考える人もいるでしょう。しかし、妊娠線は必ず出来てしまうというわけではなく十分な対策をすることで防ぐことが出来るものなのです。正確には妊娠線というのは妊娠したから起きてしまう問題ではなく、妊娠したことによる急激な体型の変化がその原因となっています。徐々に体型が変化する場合には皮膚もその変化に対応することが出来ますが、急激な体型の変化が起きるとそれに皮膚が対応することが出来ずに断裂してしまうことがあります。これが妊娠線の原因となっているのです。また、出産によるホルモンバランスの変化によって皮膚の弾力が弱くなってしまうというのも皮膚が断裂して妊娠線となってしまう原因となっています。これを防ぐには皮膚の弾力を保って体型の急激な変化を抑えることが重要となります。皮膚の弾力を保つのに効果的なのは保湿です。十分な水分を保っている皮膚は弾力性があるために柔らかく断裂しにくくなるのです。最近では妊娠線を予防するための保湿クリームなども存在していますので、そういったもので保湿ケアをすることで対策が可能になります。また、急激な体型の変化を防ぐために栄養バランスに気をつけて体重コントロールすることが大切です。妊婦にも適正体重はありますので、それを超えないように上手くコントロールすることは妊娠線予防にもなるのです。